取得できる資格
Licensing and certifications

本校卒業で得られる
受験資格等

本校は、厚生労働大臣認定の「あん摩マッサージ指圧師」を養成する専門学校です。

このページでは、あん摩マッサージ指圧師についてご説明するとともに、
本校での課程を修了することで取得への道が開ける他の資格についてもご紹介します。

[国家資格]
あん摩マッサージ指圧師

手技の施術で国民の健康に貢献する

「あん摩マツサージ指圧師、はり師、きゅう師等に関する法律」(昭和22年法律217号)に基づく資格であり、医療系の国家資格の一つ。厚生労働省には資格者名簿として「あん摩マッサージ指圧師名簿」が備えられており、これは医師でいうところの「医籍」に相当します。現在はその登録事務を財団法人東洋療法研修試験財団が行っています。

業としての内容は、あん摩、マッサージ、指圧の各手技(なでる・押す・揉む・叩くあらゆる行為)を用いて人体の変調を改善する施術を行うことであると、定義されています。


資格を取得するとできること

資格を取得すると以下のような業務が可能となります。

  • 手技による施術行為(禁忌疾患を除く)
  • 施術所(治療院)の開業
  • 出張(訪問)施術
  • 施術所(治療院)、福祉施設、病院などへの就職 など

※あん摩マッサージ指圧師は国家資格の「業務独占資格」です。
※資格を取得せず、あん摩・マッサージ・指圧などの手技を行うことは禁止されています。
※禁忌症、骨折、脱臼を除いて、医師の指示なしに施術が可能です。


資格を取得するには

取得するには養成校を卒業し、国家試験に合格する必要があります。
本校の入学から取得までの流れは以下の通りです。

※上記は一般的な流れです。
※現在、免許は取得すれば更新などの必要はありません。


国家試験の概要

国家試験は年1回実施され、以下のような試験科目があります。
本校では、これらの試験科目を3年間でしっかり学べ、スムーズに試験に臨めるようになっています。

医療概論(医学史を除く)  衛生学・公衆衛生学  関係法規  解剖学  生理学
病理学概論  臨床医学総論  臨床医学各論  リハビリテーション医学
東洋医学概論・経絡経穴概論  あん摩マッサージ指圧理論および東洋医学臨床論

機能訓練指導員

介護の現場で身体機能の訓練を支援する

機能訓練指導員は介護保険制度下での業務を行います。あん摩マッサージ指圧師などが行う機能訓練の具体例としては、高齢者における自立支援のための筋力増強訓練(パワーリハビリテーション)、運動療法、水中運動療法などがあります。



【通所介護施設での機能訓練の実際】
通所介護施設において機能訓練指導員として活動するには、あん摩マッサージ指圧師、柔道整復師、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士のいずれかの資格が必要とされており、「日常生活を営むに必要な機能の減退を防止するための訓練を行う能力を有する者」と定義(厚労省通達老企第25号)されています。

ケアマネージャー

介護サービスの選択における窓口となる

「介護支援専門員(ケアマネジャー)」資格取得の試験を受験するためには、医療福祉系有資格者の実務経験が必要です。あん摩マッサージ指圧師としての実務経験も、受験要件として認められているので、あん摩マッサージ指圧師資格取得後にはケアマネージャー資格取得への途も開かれています。

あん摩マッサージ指圧師がケアマネージャーを兼任することで、自分の患者に対し適切な介護制度に関する情報提供を行うことができ、利用者(介護保険制度では、対象者を患者ではなく利用者という)が有益なサービスを受けるための窓口となることができます。