学生生活 Campus life

海外交流

日本発祥の「指圧」は、いまや世界中で「SHIATSU」として認識されています。
そんな指圧を通して、学生時代に海外と交流できる機会も生まれています。

海外指圧団の来訪

本校では以前から、世界への指圧普及と貢献を意識しており、海外で治療の実践や学校の開設を行う卒業生を多数輩出しています。それにより指圧は世界に広がっており、日本からの指導者派遣や、海外のセラピストの本校における研修受け入れなど、相互交流を行っています。

海外指圧団の指圧研修や、記念行事などの際には、在校生も海外の方々と触れあうチャンスが生まれています。お互いが練習相手になり、指圧のふれあいを通じて、相互理解も深まります。また、1979年からは指圧国際大会を世界各国で開催し、これをきっかけとして指圧の交流の輪が広がっています。


ハワイ研修

毎年3月にハワイ大学医学部において解剖実習研修を行っています(課外研修・任意参加)。

指圧における解剖学の重要性は非常に高く、貴重な学習機会となっており、同時に代を超えた学生の貴重な交流の機会ともなっています。今後ともさらなる発展充実を期して実施してまいります。