学科と学び:授業紹介

東洋医学臨床論

疾患にアプローチするための考え方を学ぶ

指圧やあん摩マッサージはどうして効くのか、疾病をどう捉えるか?
これらの問題について、東洋医学的に考え、臨床現場に活かしていく為の科目です。



卒業後の現場に直結

臨床現場では、多くの不調や疾病に遭遇します。実際に不調を訴えてくる患者さんを前にして、どのように対処すれば良いでしょうか?この科目では、特に頻繁に遭遇すると思われる疾病について、現場でのように考えてアプローチすればいいかを、具体的に学んでいきます。

施術を行うために、西洋医学的に病態を把握するための考え方を踏まえて、その疾病の原因・病態を東洋医学的にも捉えていきます。そうすることで、経絡・経穴を用いた施術が出来るようになることでしょう。

各科目での学びをまとめる

3年生が学ぶこの授業は、すでに習っている「臨床医学総論」、「臨床医学各論」、「東洋医学概論」、「経絡経穴概論」、「指圧実技」などを基に行なわれます。各科目の復習や総まとめでもあり、バラバラだった知識を一つにまとめる場でもあります。