学生生活 Campus life

学生の声

在校生から、指圧への思いや目標、本校での学生生活などについて聞きました。

Student's Voice #1

指ひとつで治療をする「指圧」という手技に興味を持ち、私は浪越学園に入学しました。授業は覚えることが多く大変ですが、たくさんの専門的な知識を学ぶことができるので楽しいです。入学前はついていけるか不安でしたが、先生がとにかく個性が強くて魅力的で、わかりやすく教えてくださるので、不安は無くなりました。

部活はオイルマッサージ部に入っています。手技を学びつつ、昼間部の学生や先輩方とも仲良くなれ、充実していると感じています。他にも色々な部活があり、自分の将来の目標に応じて+αの手技を身に付けられるのが魅力だと思います。

私は夜間部ですが、みんな仲良くアットホームです。様々な年齢・職種の人たちがいるので、自分の知らない体験談なども聞けて楽しいし勉強になります。これから多くの人を癒せる指圧師になるために、今は先生方やクラスメイトから様々なことを吸収しながら学校生活を楽しもうと思います。

Student's Voice #2

私は両親が浪越学園の卒業生で、学校のことを入学前から聞いていました。実際の授業内容は想像していたより専門的でしたが、先生方の丁寧で熱心なご指導のお陰で今では毎回の授業が楽しいです。解剖学の授業で筋の走行を学んで、実技の時間にその筋を見つけ出して触れることができたりすると、座学と実技の内容が繋がって嬉しいし、とても楽しく感じます。

クラスは明るく楽しい雰囲気で、幅広い年齢層のクラスメイトがいます。世代ごとにいろいろな話ができて、新鮮で刺激的です。共通の目的をもった仲間ができて一緒に試験勉強したり、試験が終われば食事に行って楽しい話をしたりできて、充実しています。

卒業するまでの日々を大切に、学生の時にしか出来ない経験を積んでしっかり吸収していきたいです。患者様に信頼される指圧師になるために、実技、基礎医学や臨床医学を身につけ、医療従事者としての人間性も高めていきたいと考えています。

Student's Voice #3

鍼灸専門学校を卒業後、スキルアップのために浪越学園に入学しました。それぞれの分野に特化した先生方の授業は毎回とても楽しいです。2年生になると1年生で教わったことを実技で実践してみたり、座学の知識と実技の繋がりを感じることができ、修練の大切さを実感する毎日です。

1年の後期から浪越スポーツ指圧トレーナー部に所属し、夢であるスポーツトレーナーになるための知識・手技を勉強しています。上級生から指圧の指導をいただいたり、現場で活躍されている先生方の技術を間近で見ることができとても魅力を感じています。

授業が終わると、部活がない日はバイトに行っています。バイト中の接客もコミュニケーションを大切にして、将来患者様と自然に会話ができるようになれたらと考えています。 学校とバイトの両立は大変ですが、親身になってくださる先生方が多く、人生の先輩であるクラスメイトから学ぶこともたくさんあります。毎日が勉強で充実した学園生活です。

Student's Voice #4

定年を間近にした頃、興味のある指圧を仕事にできればいいなと漠然と思い『指圧の心、母ごころ』のテレビCMで知っていた日本指圧専門学校のオープンキャンパスに参加しました。学校の説明以外に在校生から海外解剖実習や指圧実技などの生の声を聞き、さらに在校生のよる指圧を体験。体に染み込むような指圧に幸せな気持ちを感じ、これを人に提供できるようになりたいと入学を決めました。

入学後、人体細胞の構造から始まる解剖学の授業内容に驚き、こんなに専門的な内容を覚えられるのか不安いっぱい。『勉強は大変だからしっかりね』と入学前に先生から聞いた言葉に納得です。しかし、先生方の丁寧な説明と補助資料で難しそうな授業も徐々に慣れてきました。

クラスの仲間が仕事と勉学の両立に寸暇を惜しむ姿勢から刺激を受け、今後も専門的な多くのことを焦らず一歩一歩学んで行きたいと思います。