学校紹介 About us

理事長ご挨拶

世界に広がる指圧への期待
理事長 浪越和民

理事長 浪越和民

「医学の進歩は人類の幸せに無限に貢献する」として西洋医学が尊ばれ進歩してきましたが、最近の欧米諸国では、免疫力を活性化させ自然治癒力を高める鍼灸・漢方・指圧などの穏やかな東洋医学への期待が急激に高まっていると聞き及んでいます。

指圧治療学の学祖:浪越徳治郎は、指圧は「指で押す医療行為」であり、その基本は「いたわりと思いやりの心」とし、指圧の道は「人に喜びを与え、自分も喜びに生きる」こととしています。

皆様ご承知のように日本はさらなる高齢化社会へと向かっています。指圧は治療のみならず、介護や看護などの福祉関連、スポーツ医学や理学療法などの分野においても指圧への期待は大きく広がっており、その広がりは日本に留まらず世界の多くの国々に普及しています。

本校では幅広い年齢層の学生さんが在校していますので、指圧の技術と共に人生の楽しみや苦しみをも学び、人々に豊かな心を与えられる人間に成長して欲しいと願っています。