学生生活 Campus life

学生の声

在校生から、指圧への思いや目標、本校での学生生活などについて聞きました。

Student's Voice #1


3年生 夜間部 (20代)

私は鍼灸専門学校を卒業後、施術の幅を広げたいと思い浪越学園に入学しました。専門分野の先生方の授業はわかりやすく、とても楽しいです。座学で学んだことを活かしながら実技の授業を受けることができるので、日々自分の成長を感じることができます。

また、クラスメイトは幅広い年齢層、様々な職種の方がいるので、自分の知らない体験談を聞いたりでき、勉強になります。一緒に試験勉強したり、授業が終わったら食事をしたりと充実した学生生活を送っています。

患者様に信頼される指圧師を目指して、毎日の授業に真剣に取り組み、たくさんのことを吸収し、経験し、卒業までの時間を先生方、クラスメイトと楽しみながら自分を高めていきたいと思います。

Student's Voice #2


3年生 昼間部 (20代)

私は美容のことが大好きで、いつも美容のことを考えているので、大学卒業後は美容関係の仕事に就きたいと考えていました。上京をきっかけに身体も気持ちも調子の悪いことが多くなり、困っていた時に『体のゆがみを取る』ことで心の調子も整っていく体験をしました。この経験から、同じような状況で困っている人やストレスフルな社会で身体や気持ちの不調が後回しになっている人の手助けにならないかと、この道に進みました。

漠然としていますが、私の大好きな美容と指圧の組み合わせで、外見だけでなく人間が本来持っている力、可能性、行動力を伸び伸びと発揮できる人が増えたらな・・と思っています。

賑やかなクラスメイトと個性溢れる先生方と一緒に知識をたくさん吸収して、新しい経験を積めるよう楽しくやって行きたいです。

Student's Voice #3


3年生 夜間部 (20代)

体験入学の際に先生方の和やかな雰囲気が良かったこと、『指圧実技の授業時間が多く、しっかり身につく』というお話を聞いて指圧の専門性に自信のある学校だということを感じました。

入学してからは毎日がとても早く、昼間アルバイト、夜間に学校でクタクタになることもありますが、クラスメイトの励ましや先生方の熱心な指導で充実した生活を送れています。

クラスメイト以外の方々、卒業生の方と話すときには指圧に対する考えを学ぶことができ、自分の将来の方向性を組み立てる良い機会になっています。勉強は難しく大変ですが、専門的な知識を身につけることで可能性をさらに広げていけると思い、頑張っています。

Student's Voice #4


2年生 夜間部 (30代)

私はトレーナーとして働いています。これまで、お客様から身体の痛みや違和感を訴えられることも多くありました。そんな中、職場の先輩から教えてもらい大きな目標となったのが指圧の道でした。初めて浪越学園に見学に来た時、出迎えてくれた方や、様々な質問に答えてくれた先生の温かさと学校全体の雰囲気の良さに惹かれ、入学を決めました。

入学するまでは、あれこれと心配をしていました。しかし実際に入学してみると、授業内容はとにかく深く大変ではありますが、仕事の合間や移動時間に勉強したり、先生や同級生が教えてくれた勉強のコツを試してみたりと、楽しく充実しています。

また、仕事と勉強の両立についても、学校に行き始めたことで時間が限られている分、集中して行えるようなったと感じています。授業は講義だけでなく実技も充実しており、この一年でたくさんの指圧を受け、自分自身の体調の良さも感じています。

卒業後はジムと治療院を兼ね備えた施設で、お客様のQOLを高め、笑顔を増やすお手伝いがしたいと考えています。